スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reality...

DSC_110401132156-01.jpg
     D80/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM

家では少し撮影を開始したものの、この日。
震災後。始めてイチデジを持って外に出た。
今の中途半端な自分の気持ちにもけじめをつけたくて・・


DSC_110401134126-01.jpg
     D80/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM

訪れたのは。我が家から自転車で50分くらい東へ、海沿いへ走った場所。
そう。津波の被害にあった地域だ。

あたしの祖母の家がこの近辺にある。
祖母の家はここよりももう少し西に位置しているので津波の被害はなかったが・・
目と鼻の先に広がるこの何もない瓦礫の世界。

DSC_110401134356-01.jpg
     D80/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM

知っている場所なはずなのに知っている建物はなく、道路は寸断された世界。
TVで見るのとは違い、自分の目で実際に確かめ、その被害の大きさを。
心の底から感じた。

DSC_110401134416-01.jpg
     D80/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM

この辺りの水は引いていたようだが。
一部陥没した田んぼなどに水が溜まっているところもあり、
道路もまだ瓦礫の山で通行できないところがいくつもあった。

海岸はココよりももっと数キロ奥のはずだが。
道路には警察の方が立っていて自宅でもない限り、近づけないようだった。

DSC_110401134118-01.jpg
     D80/SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM

あたしは。
どうしても気になった場所に向かってみた。
そう、右奥に見える赤と白の塔が立っているふもとだ・・


  こうゆう写真を撮ること。
  更にupすることには色んな意見があるだろう。
  でも、現実から目を背ける事は出来ないし、
  ここを乗り越えないと自分は進めない気がするので..
  あたしは。現実を残そう、そう思います..


Trackback

Trackback URL
http://togethernow.blog77.fc2.com/tb.php/176-ec9f9223

Comment

| | 2011.04.04 00:28
このコメントは管理人のみ閲覧できます
PIERRE | URL | 2011.04.04 00:29 | Edit
行くのには結構勇気がいったと思います
想像もできないような規模の津波でしたからね
先ずは道の復旧が先なんでしょうね
そうしないと支援物資も運べませんからね
私は現実をありのままに残すのは大変でしょうが大事だと思います

応援ポチっと♪
Harvest--Moon | URL | 2011.04.04 00:42
こんばんは!
よく行かれましたね~
きっと勇気のいることだったと思います!
自転車でたった50分程度のところがこうい状態だったなんて、私も衝撃的でした。
でもこれが現実なんですね~
こちらもしっかりと受け止めました!
これからも現地からの生の状況、
かのんさんにはおつらいことかも知れませんが、お伝えいただければ有難いです!
P☆
サコ | URL | 2011.04.04 01:03
いつもの見慣れた光景が一瞬で無くなってしまう。
なんとも心苦しい現実だと思います。
そういえば、被災された方が瓦礫の山を見て
「また最初からやり直せばいい」っておっしゃってる方がいて
勇気を頂き、涙が出たのを思い出しました。
かのんさんも、今は辛くてもカメラのシャッターを押しながら
ひとつずつ、嫌なことは忘れて
ひとつずつ、やり直しましょう!
楽しい事を一緒にやりなおしましょう!^^
この写真は現実。私も一緒に受け止めて行きたいと思います。
ぽち★
ホワイト10 | URL | 2011.04.04 07:24 | Edit
おはようございます。
2枚目からのお写真に
言葉も出ません。
私は、テレビでリアルタイムに津波をずっと見ました。そして、何日もこの大地震のことを見ているうちにカメラを持つことができなくなってしまいました。つい先日のサクラから出かけられました。遠く離れた私でそうなのですから、かのんさんのお気持ちは、さぞ、辛いものがおありと思います。
でも、よく教えていただきました。
感謝をしたいと思います。
テレビでは見えてこない現実を私もしっかりと心に刻んでいくつもりです。
R!E | URL | 2011.04.04 07:27 | Edit
おはよう。
本当に近い場所でこのような写真の現場があるなんて、、、
でも記録って大事だと思うんです。
記憶は薄れてゆくものだからこそきちんと残していかなければならないことってあると思うよ。
ぽち
runa | URL | 2011.04.04 07:32 | Edit
テレビで見る画がかのんさんのお近くだとは…。
何もかもなくなってしまった場所を見るのは
おつらかったでしょう。
でもきっといつか元に戻るはず。。
*hana* | URL | 2011.04.04 07:51 | Edit
かのんさん、おはようございます。
自転車で行ける場所がこんな風に様変わりしているのを目の当たりにすると辛いですよね。
私たちがTVで見ているのはほんの一部で
こういう光景がずっと広がっているんですよね。
これを現実だって受け止めるには勇気がいると思います。
辛いことだけど、伝え続けることも必要ですよね。
シャッターがすごく重いかもしれないけど
伝えてくださってありがとう。
P☆
june | URL | 2011.04.04 11:00
ニュースなどで伝えられること、見せられるもの、
現実のほんの一部分なんだということは、
今回の地震で、よくわかりました。
実際に体験した方にはこの光景を見ることは、
想像出来ないほどつらい現実だと思います。
でも、現実を本当には知らない私たちには、
こうして伝えて下さるのはありがたいことです。
見たくない現実だからこそ、しっかりと見ていかないと
いけないと思います。
p☆
tomo. | URL | 2011.04.04 11:24
きっといろいろ迷いや葛藤の中のお写真たちだったと思います。
でもこうやってきちんと記録として残すことは
とても大事だと思っています。
自分の目に焼き付けておくのとともに
画像として色あせない現実を記しておきましょう。

この日がかのんさんの大きな一歩になったかもしれませんね。

そしてわたしもしかとこの現実を受け取りました。
ちこ | URL | 2011.04.04 12:00
瓦礫だけのこういった場所が
これからどう変わっていくのか。
そのためにも写真を残すことに
意味があると思います。
ずっとこのままじゃいられないですもんね。
進歩する東北のために応援して
いきたいと思います☆
きっこ | URL | 2011.04.04 12:51 | Edit
言葉は悪いかもしれませんが、
戦後の風景に似ていると思うのです。
酷すぎる天災・・・

TVも踏み込めない場所が、まだまだあるんですね。
悲しい現実。

早く、一日も早く以前の生活が取り戻せたらいいのに・・・
| | 2011.04.04 12:59
このコメントは管理人のみ閲覧できます
sangatsu-37 | URL | 2011.04.04 13:07
こんにちは。
こういう瓦礫の写真、新聞やテレビで何度も何度も繰り返し見ていますが、決してこの風景に慣れないようにしなくてはいけませんね。
毎朝、新聞に載る亡くなられた方のお名前・・・こんなにたくさんの方、一人ひとり素晴らしい名前をもった方がこの世からいなくなったということ、よく認識しなくてはいけないと思ってます。
離れたところに住んでいる私たちは、そのことを絶対に忘れてはいけないと思うんです。
かえ | URL | 2011.04.04 14:00 | Edit
知っていた風景が瓦礫の山に...
見ているだけでも辛いと思うのに
写真に撮るのは勇気がいったでしょうね。
でも、時間が経ち「あの時」の記憶が
薄れてしまわないように残して置く
ことも必要ですね。
私もしっかりと記憶しておきたいと
思っています。
久実 | URL | 2011.04.04 16:39
私も、現実は見るべきだと思います。
ちゃんと見て、これが現実なんだって感じることが大事だと思っています。

なので、かのんさんの写真はいろんな人の心に何かを残すことができると思っています。

ありがとうございます。

まだまだ、これからですよね。
| | 2011.04.04 16:58
このコメントは管理人のみ閲覧できます
mog | URL | 2011.04.04 19:50 | Edit
この光景は目に焼き付けておかなければと思います。
かのんさん、辛かったでしょうに勇気を持って載せてくれてありがとう。
かのんさんが一歩ずつ前へ進んでいるのが感じられて嬉しいです(^^)
plumerian | URL | 2011.04.04 20:53 | Edit
乗り越えるために
勇気を持って行かれたんですね。

きっと言葉も出なかったと思います。
シャッターを切った時の
かのんさんの気持ちを考えると辛くなります。

今まで知っていたのどかな場所が
こんな風になってしまったなんて・・

でも、前に進まなくちゃね。
応援しています!


仁子 | URL | 2011.04.04 21:38
乗り越える、
復興、

みんな苦しみながら自分なりの形で
前進されるのですね。

かのんさんもかのんさんの形で。
そして
西のわたしも、わたしなりの形で。
はぴ | URL | 2011.04.04 21:45 | Edit
辛い撮影になりましたね。
同じ場所なのに見慣れた風景がなくなって
瓦礫ばかりになってしまって・・・
写真では一部しか見えないけど 実際にここに立って見ると一面がこんな世界って
想像を絶します。
私も港町に住んでるので、いつの日か東海沖地震が来てこんな日が来るんだ。。。
と、とても恐ろしいです。。。

目の前にある事実を受け入れて新たに歩き始めなければなりませんね。
一つ一つ乗り越えて、1年後 2年後・・・10年後と復興していく足跡を記録するのも、復興の励みになるかもしれません。
この悲惨な現実を記録として残しておくのも大切だと思います。

でも、 あまり無理をなさらないでくださいね。
辛すぎて落ち込んでしまったら何にもなりませんからね^^
直接 私がお手伝いすることはできないけれど
私なりに自分のできること、募金や節電、
癒しの写真をとることなどで行動していこうと思います。
P☆
yumiko-shiba | URL | 2011.04.04 21:52
これが現実だなんて・・
実際目にしたら言葉もありませんね

遠くから ただ 頑張りましょうなんて
そんなこと言ってる自分が恥ずかしくなります

写真にこうしておさめて
伝えてくださったことに・・感謝します

色々と考えさせられますが
プラスになることもあると信じてます
| | 2011.04.04 22:18
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011.04.04 22:35
このコメントは管理人のみ閲覧できます
rsk | URL | 2011.04.04 22:38 | Edit
かのんさん、こんばんは。
西日本の自分からは想像できない景色です。
テレビの生中継を見ていましたが、とても信じられなかったです。
同じ日本で起こったことなんですが、あまりにも現実離れしすぎています。
でも現実なんですよね。
復興への道のりは長くなりそうですが、西日本の自分として何かできることをやっていこうと思います。
紺色のはら | URL | 2011.04.05 00:11 | Edit
こんばんは。
コメントありがとうございました。

大規模な地震と津波。
絶対に忘れられない、忘れてはいけない現実だと思います。
この地に赴きカメラに収めるという勇気、偉大です。
実際に被害に遭っていない私のいうことは偽善に映るかもしれませんが、日本全体・世界中が被災地の方々を応援しているのも事実です。
少しずつでもかのんさんの傷が癒えるのを心より願っています。
かのん | URL | 2011.04.05 10:26
□鍵コメさん

  TVなどで見ていましたが。
  やはり実際に目にするのとは違いますね。
  あたしの他にもこの辺に住んでいたであろう人がいました。
  変わり果てた姿。本当に胸が痛みます・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:26
□PIERREさん

  海の好きだった自分。
  何度も足を運んでいた知った場所だっただけに。
  今回の災害はショックが大きく、現実だと思えませんでした。
  でも現実から逃げていても。変われないことを感じました・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:27
□Harvest--Moonさん

  一番被害の大きかった三陸や気仙沼は遠いのですが。
  仙台市内の海側はそう遠くない場所にあります。
  気になっていたもののずっと足を運べずにいました。
  でも。こうやって現実を見ることで。少し心が落ち着きました。
かのん | URL | 2011.04.05 10:28
□サコさん

  この辺りに住んでいた方はホントショックでしょうね。
  変わり果てた姿。苦しいですよね。
  でも。起きてしまった現実。目を背けていては進めない。
  そうゆう事を感じ、今回はあえて自分の目で確かめました・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:28
□ホワイト10さん

  こちらでは震災後電気が一切ストップしており。
  これだけの被害があったこと。数日経って知りました。
  本当に一瞬で変ってしまう現実。
  辛く悲しいですよね。でもここから始めないといけない。それも現実ですよね・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:28
□R!Eさん

  忘れたいけれど。きっと忘れてはいけない。
  人はここから学ばないといけないんですよね。
  そんな思いも込めて撮影しました。
  撮影って楽しいものだけでは・・ないんですね・
かのん | URL | 2011.04.05 10:29
□runaさん

  ホントにうちの近所や会社の回り、通勤路。
  海から離れた景色は多少の建物の崩れなどはあっても
  ここまでではありませんが・・
  やはり今回の津波の被害の大きさ。惨さ。感じずにはいられませんね・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:29
□*hana*さん

  ここだけならですが。
  ここは被害のほんの一部で。もっと酷いところもたくさんある。
  その現実って辛く悲しいですね。
  でも。やっぱり現実を見ないと。進めないものがあるんですよね・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:30
□juneさん

  こちらでもTVで被害状況など。
  嫌と言うほど見ていました。
  でも実際に見るのとはやはり違いますね・・
  変わり果てた姿。こんなにも恐ろしい災害。涙が止まりませんね・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:30
□tomo.さん

  いつか人の心は色んな思い出を美化してしまいます。
  それがいいことももちろんあるけれど。
  ここから学ばないといけないことも多々あるはずです。
  その為には現実を残す事。これも必要なんだな、と思っています・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:31
□ちこさん

  人ってどんなにすごい技術を持っていても。
  自然の力の前には無力なんですね・・
  そして儚いな、とこの景色を見て思いました。
  でも決して終わりではない。ヒトはここから立ち直る強さを。持っています!!
かのん | URL | 2011.04.05 10:31
□きっこさん

  人が起こす争いは。防ぐことも出来るはず。
  でも自然災害は止めることができない。
  だからこそ哀しい現実ですね・・
  でも。ここから前へ進む。その勇気を皆で持ちたいですね。
かのん | URL | 2011.04.05 10:31
□鍵コメさん

  こうして被災地を見ること。
  とても気持ちのいいものではありませんね。
  でも。それでも残さなければいけない今、現実があるんですよね。
  今を生きる自分たちに必要なもの。教えられる気がします・・
かのん | URL | 2011.04.05 10:32
□sangatsu-37さん

  たくさんの尊い命が。
  この一瞬で失われたことを思うと涙が止まりません。
  でも忘れてはいけない。この景色。
  そしてここから得るものがあることを、あたしたちは学ばないといけませんよね。
かのん | URL | 2011.04.05 10:32
□かえさん

  人の記憶っていつか消えますが。
  消してはいけない記憶もありますよね。
  辛いけれど、その辛さから逃げてはいけないこともある。
  そう感じて今回は足を運び、現実をおさめてきました・・
かのん | URL | 2011.04.05 11:01
□久実さん

  見たくないという気持ちと。
  見なければいけないと言う気持ちでした。
  でも見ることで少し自分の気持ちに整理ができた気がします。
  辛いけど。受け入れなければいけないんですよね・・
かのん | URL | 2011.04.05 11:02
□鍵コメさん

  一瞬で。世界って変わるんだな。
  TVで見る世界はどこか知らない遠くの話に感じます。
  でも実際目の前に広がる世界。言葉が出ませんね・・
  それでも一歩踏み出す事。それが今後につながると。そう信じたいです。
かのん | URL | 2011.04.05 11:03
□mogさん

  自然災害。これかでも数多く目に耳にしました。
  でも現実に目にしたのはこれが初めて。
  変わり果てた姿って言葉も出ませんね・・
  でもこうやって現実を見ることで。それでもがんばる。
  そうゆう勇気を持てた気がします。
かのん | URL | 2011.04.05 11:03
□plumerianさん

  逃げたままでは何も変わらない。
  そう思いました。
  現実って辛くて哀しいけれど。
  そこから得るものは自分にもあると、感じましたね・・
かのん | URL | 2011.04.05 11:03
□仁子さん

  哀しい現実。
  目の前に無限に広がる無の地帯。
  言葉がでませんね・・
  でも。そこから這い上がること。それがあたしたちに出来ること!!
  そしてあたしたちにしか出来ないこと、なんですよね。
かのん | URL | 2011.04.05 13:02
□はぴさん

  最初、自分がどの辺にいるのかも理解できませんでした。
  あとどれくらい行けば?って・・
  現実は惨いですね。でもこれは受け止めなければいけない事実でもある。
  知って自分たちがどう動くか。それによって。変われるはずなんですよね。
かのん | URL | 2011.04.05 13:02
□yumiko-shibaさん

  ホントに、夢の中の世界ならいいのに・・そう思いますね。
  ここに住んでいた方はもっと悲痛な感情ですよね。
  目の前には辛い現実があり、これは変えることができない。
  でも。きっとこれを知ることで。ヒトは何かを学んでいくのではないかとそう信じたいです。
かのん | URL | 2011.04.05 13:03
□鍵コメさん

  そうなんです。目の前に広がる世界はどれも現実。
  辛いけれどこれを受け止めなければきっと変えられないんですよね。
  ここに行くまで。どこかやはり逃げていた自分がいますが。
  今はまっすぐに向きあいたい、心からそう思いました。
かのん | URL | 2011.04.05 13:03
□鍵コメさん

  そう。出来ることなら。TVの向こうの世界。
  そうやって終わらせていしまいたい現状ですね・・
  でも。逃げていても変えることはできませんよね。
  辛いから乗り越え、更によりよいものにしなければ意味がありませんよね!!
かのん | URL | 2011.04.05 13:03
□rskさん

  あたしも阪神大震災の映像は。
  どこか遠く、現実離れした記憶がありました。
  でもどちらも現実で、実際に起こっていることなんですよね。
  起きてしまったことは戻せないけど。ここから何かを始めなければ、そう思うんです。
かのん | URL | 2011.04.05 13:04
□紺色のはらさん

  ご訪問とコメント、ありがとうございます。
  ホントこんな現実もあるんですよね。
  あたし以上にここで生活していた人は苦悩していますよね。
  辛いけれど現実を受け止め。そこから進みたいとあたしは思います。
  皆さんの応援は。辛い人たちの心にも届き、支えになっている。あたしはそう信じています^^
Juli* | URL | 2011.04.05 16:48 | Edit
かのんさん こんにちは

一眼レフ…私はまだ手にすることができません。
どう撮ればいいのか、わからなくなっちゃいました。
毎日、瓦礫の山、車の山となった道路を通勤しています。
震災直後、携帯を使って、何枚か撮りましたが…もう撮れないです。悲しくて、むなしくて、どうしていいのかわからなくて。そこに住んでいた人たち、知人を想うと撮れなくなってしまいました。
報道されない現実の多くを、たくさんの人に知ってほしいと願う気持ちもありますが…。
写真を撮り伝えることのむずかしさを実感する日々です。
報道だけが全てではない、ということが皆さんに伝わるといいですよね。
かのん | URL | 2011.04.05 22:28
□Juli*さん

  多分、我が家よりも海側に住まれてて。知っている方々や知っている場所が被害にあわれた。
  あたしよりもずっとずっと苦しいでしょうね・・
  あたしは、自分の家族や親戚。友人など海沿いに住んでいましたが。
  皆命は助かりました。知っている方の命を失ってしまうと。また気持ちを動かすのも苦しいでしょうね。
  どうぞムリなさらず、少しづつ、歩んでいって下さい・・

  あたしは海が好きでした。毎週のように深沼や閖上には通っていました。
  その場所が一瞬で変わってしまった。そして大好きだった海が被害をもたらした。
  その現実が頭では理解していても心が付いていけず苦しかった・・
  今回、現実を受け止める為現地に行き自分の目で確かめました。
  
  元には戻せなくても。ここから学ぶことがきっとあるはず。
  あたしはそう思っています・・
  街や心は元に戻らなくても。ヒトの心に暖かさが、ヒトの顔に笑顔が戻ることを願っています。
Comment Form
公開設定

■プロフィール

夏音

Author:夏音


●field.. camera

●blog name..ロシア語で「旅の道連れ」

++ message ++

はじめまして。
拙いblogに足を運んでくださってありがとうございます。


カメラを持ってその日出会ったものや気になったものを、
気ままに撮影、短い言葉と共に綴っています。
まだまだ未熟者で、自己満足なblogですが..
よろしかったら気軽に足跡を残していって下さいね^^


++ attention ++

ブログに掲載している画像・文章の無断転載は禁止です。
使用希望などある場合は一言連絡をお願いします。

リンクはフリーですが一言連絡を頂けると嬉しいです。
ただ、「ハジメマシテ」でのリンクはお断りしています..
何度かお話してからのリンクをお願いいたします。

■カメラ
●Camera
 ・NIKON D80(2008/8/3)
●Lens
【NIKON】
 ・AF-S DX18-135G
 ・Ai AF 50mm F1.4D
 ・Ai AF Micro 60mm F2.8D
 ・AF-S DX 10-24mm F3.5-4.5G ED
【TOKINA】
 ・AT-X M100 PRO D 100mm F2.8
【SIGMA】
 ・24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
 ・18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSM
 ・10mm F2.8 EX DC FISHEYE HSM
●Accessory
 ・スピードライトSB-400
 ・SLIK PRO-MINIⅢ
 ・HAKUBA Circural PL
 ・Kenko ND400
 ・MARUMI Star Cross
 ・SLIK エイブル 400 DX-LE
■掲載
img20110208214814.gif
・CP+
ニコン「カメラつれてこ」ブース内

f0206637_20504480.gif
・Nikon×カメラ日和
「カメラつれてこ vol.5」

4910151870611.jpg
・女子カメラ 6月号 vol.18

・Nikon×女子カメラ
「カメラつれてこ vol.6」

■おきてがみ
おきてがみを設置しました。
足跡残してくだされば後ほど訪問させて頂きます。
おきてがみ
++記事++
++コメント++
++トラックバック++
++カテゴリ++
++アーカイブ++
++メール++
ひっそりこっそりなお話は
こちらからお気軽にどうぞ~

名前:
メール:
件名:
本文:

++other blog & Material++
++検索++
++カメラ仲間++
BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。